2014年3月19日


足りない物3点セット
〇人
〇物
〇金

人生を生きていく時やビジネスを展開する時、必ず足りないものがあります。
よく言われるのが、「人・物・金」です。

その「人・物・金」が足りない時は、それに対する「感謝の気持ち」が足りない時だと思います。

〇人について
我が社には、いい社員が育たない、社員が自発的に動かないと言われる経営者は、社員に対する「感謝の気持ち」が不足しているのかもしれません。
高給でもない、福利厚生や残業にも我慢してくれている・・・

逆に、
給与が安い、休みが少ない、残業が多いと思っている社員は、会社に対する「感謝の気持ち」が足りないのかもしれません。
スキルや能力、経験や実績がないけど我慢してくれている・・・

〇物について
BMWが持てない、ケリーバックがほしい・・・
そんな時は、昔、所有した車やバックに対する「感謝に気持ち」を持ってみてはどうでしょう。

〇金について
お金がほしい!一部を除けば、これは人の共通の悩みです。
実際、お金は邪魔しませんし、多くのことはお金で解決します。

しかし、
現在、お金が足らずに悩んでいる人は、昔お金に対する「感謝の気持ち」
が不足していたのかもしれません。あの時のことを思い出してみて下さい。
昔、所持していたお金に対し、どんな気持ちでお金を使っていたでしょうか?

今、足りないものがある時は、
「感謝の気持ち」が不足しているかもしれません。

あなたの足りないものは、なんですか?

追伸:お陰さまで【やすなが3点セットシリーズ】も100回を迎えることができました。皆様の「いいね」、コメントやメッセージのおかげです。心より感謝申し上げます。

~少し落ち込んだ時に読めば、少し元気になる~「人生の法則3点セット」というテーマで約8年前にスタートしました。いつの日か本になればと楽しみにしています。これからもよろしくお願いいたします。

Category お知らせ
2014年3月8日

隠し事バレバレ3点セット
○内容
○行動
○目

言葉は非常に大切です。「まず言葉ありき」有名な教えです。
その大切な日常会話で、隠し事がばれることがあるそうです。

あなたが、自然体で、素直に受け入れようとした時、
あなたが、相手の立場が想定出来る時、
相手の会話の真意が見えてきます。

最近では、特に女性の
この能力が優れているそうです。

例えば、
隠し事がある男性は、女性からの質問に答える時、
いつもとは、明らかに違う
「内容」や「行動」や「目」に変化があるそうです。

「聞いてもいないことを言ってしまう」
「いつもと違う行動パターン」
「無意識に合わせない目」

これにより隠し事してることがわかるそうです。 (笑)

これは、会話そのものではなく、その人の醸し出す雰囲気!
恐るべし、女性能力!

本来は、狩りをする男性に備わった、
大切な危険予知の能力の一つだそうです。

男性諸君!頑張りましょう(笑)

Category お知らせ
2014年3月4日

【やすなが3点セットシリーズ 第98回】

それは3点セット
○それは、だれが言った?
○それは、だれの考え?
○それは、だれがした?

仕事の上で、必ず起きる失敗・・・
失敗は、起きて当然だし、忙しい会社ほど起きるものです。
暇な会社には、あまり失敗はありません。

そして、
部下の起こす失敗は、会社を左右するようなことは起きません。

しかしながら、その失敗の責任が上司にくる時、
上司は「それは3点セット」を使います。

「それは、だれが言ったの?そんなこと言った覚えはない!」

「それは、だれの考えなの?だから、私が何回も言ったじゃないか!」

「それは、だれがしたの?ほら、やっぱり起きたじゃないか!」

言葉では、「だれ?」と言いつつ、その部下の責任を追及し、
上司である自分の正当化を始めます。

言われた部下は、そんなこと分かっているから
次の3種類の答えを準備します。

①私です・・・(素直な人)
②よく分かりません・・・(誰かをかばう時)
③無言・・・(この人に言っても分かってもらえない)

上司である、あなたはできれば、一切責任を追求しないで、

「失敗は起こるものだ!」
「今後の対策を考えるぞ!」
「教え方、伝え方が悪かった」と言えれば最高です。

リーダーや上司になると、難しいけど挑戦してください。

もし、あなたが失敗した時、
あなたは、上司からどんな声をかけてもらいたいですか?

追伸:上司は責任をとる覚悟!部下は責任感を持つ覚悟!大切ですね

Category お知らせ
2014年3月1日

 話3点セット
○みんな言っている私個人の話
○前から考えていたその話
○人から聞いた私の体験していない話

○みんな言っている私個人の話
部下:「お話があるんですけど、○○とみんな言っています」
部下:「是非、考えてください」
上司:「みんなって?」
部下:「え~ッと、○○さんとか△△さんとか・・・」
部下:「とにかくみんな言っているんです」

よくこんな会話がありますが、
そんなことを言ってくる人の90%が、
「みんなが言っている私の意見」です。

○前から考えていたその話
子供が親から「勉強しなさい!!」と言われ
「今、やろうとしてたのに・・・プンプン」

人からアドバイスをもらった時
「あっ!それ今考えています。」
「今、やろうとしています。」

アドバイスした人は、2度と助言してくれないでしょう。
そんな時は、「いいことを教えてくれてありがとう」

そうすれば、相手は、またあなたが本当に困った時、
きっと素晴らしいアドバイスをくれるでしょう。

○人から聞いた私の体験していない話
人は注目されたいと思っています。

そのために、中には、
話の発信源は、他人から聞いた話や本で読んだことなのに、
いかにも、自分の経験談のごとく、人に話してしまう人がいます。

残念ながら、
すぐばれてしまい、あなたの人格を疑われる事になりかねません。

素直に
「だれだれから聞いた話だけど・・・」
「先日読んだ本の中にあったんだけど・・・」

まくら言葉をつけると自分自身がすごく楽になりますよ。



Category お知らせ



ワークガイダンス講座

「人生の法則」3点セット


協会情報
協会名
郵便番号
住所



JMS
858-0923
長崎県佐世保市日野町1923-6
エムクラン日野301号

→ 詳しい地図はこちら