立場3点セット

立場3点セット

○立つ
○立たせる
○変える

「立場」とは通常、自分の状況を言う時に使いますが、
本来は、他人のことを立てる時に使います。

「立場」と言う言葉をよく使う人 

「私の立場としては…」
「会社の立場としては…」
「学校の立場としては…」
「協会の立場としては…」
「政府の立場としては…」

この時「立場」を「役割」に変えましょう。

「私の役割としては…」
「会社の役割としては…」
「学校の役割としては…」
「協会の役割としては…」
「政府の役割としては…」

いかがでしょう。考え方や言葉遣いも変わりませんか?

お嫁さんとお姑さんのよくある話。

「お母さんのお気持ちはわかりますけど、嫁の立場としてはですね…」
「アナタの言うこともわかるけどね、姑の立場としてはね…」

そこで、
「嫁の立場」を「嫁の役割」
「姑の立場」を「姑の役割」
に変えて改めて前の文章を読んでみましょう。

「あら、不思議!」自己主張だった発言が
あなたの本来の役割が見えてきませんか?

あなたの会社での「役割」、家庭での「役割」は何でしょうか?

<< 前のページへ戻る


ワークガイダンス講座

「人生の法則」3点セット


協会情報
協会名
郵便番号
住所



JMS
858-0923
長崎県佐世保市日野町1923-6
エムクラン日野301号

→ 詳しい地図はこちら