「能ある鷹は爪を隠す3点セット」
2013年6月14日

能ある鷹は爪を隠す3点セット

○自慢
○1:9
○正当化

本当に能力のある人は、独特のオーラで溢れています。

今日は、そのオーラがあまり出ていない人について考えましょう。

「自慢」…
以前、私が読んだ本にいいことが書いてありました。
「成功したければ自分の写真を机の上に飾れ!」
実業之日本社 植西聰さんの本です。
抜粋します。

【自慢話は自分を小さく見せる】
人付き合いにおいて、必要以上に自分を大きく見せようとする人が少なくないようです。

中略・・・
それから「自分はこんなに頭がいいんだぞ」といわんばかりに、専門的な仕事の話などをぺらぺらしゃべり続ける人ややたらと学歴や会社名を自慢する人も意外と多いものです。

中略・・・
問題は、周囲がしらけているのに、それに気づかないで延々と自慢話を続ける人です。

こういう人は、常に周りの人に自分のすごさをアピールしておかないと自尊心が満たされないので、自慢話を繰り返すのです。

周りの人に「すごいですね」といってもらうことでしか自分の価値を見出せない劣等感を持っている人、つまり自己評価が低い人なのです。


「1:9」…
人の話を聞かない人です。9割が自分の話、1割が人の話。
中には、相手の話が終わらないうちに話し出す人です。

自信がないから、まだ相手に伝わっていないと思って何回も同じことを話す人です。

人は自分の話を聞いてくれる人が好きです。

人は「説得」でなく「納得」で理解します。


「正当化」…
オーラの少ない人は、自分を正当化しないと心配な人です。

間違っていたとわかってもすぐに謝らない。
以前の意見や考えを変えてもすぐに謝らない。

つまり、人に対して謝ることができない人です。

あなたは最近いつ謝りましたか?

他にも、
友人や他の人が考えたアイディアや考え方を自分が考えたように、自分が考えたアイディアのように言ってしまう人。

そんな時は
「あの人から聞いた話だけど・・・」これが一番!

必ず、人を立てることを忘れずにしましょう。

「先日の君のアイディアは素晴らしかったので使わせてもらったよ。」
そして「ありがとう」
これが言えると、またいいことがあなたに流れ込みます。

これが本当に能力のある人。

「人をたてれば自分がたつ。」

Category お知らせ



ワークガイダンス講座

「人生の法則」3点セット


協会情報
協会名
郵便番号
住所



JMS
858-0923
長崎県佐世保市日野町1923-6
エムクラン日野301号

→ 詳しい地図はこちら