「アナログ営業3点セット」
2013年7月16日

アナログ営業3点セット
○訪問営業
○質問営業
○継続営業

1980年頃、
未来学者アルビン トフラーが書いた「第3の波」という本が出版されました。

今の時代を予言した、とてもセンセーショナルな本でした。

その当時の大企業の将来の方向性に、大きな影響力を与えた本でした。

私たち個人にとっても、現在のネット社会への予測でもありました。
事実、現在の情報化時代、情報化社会、情報革命などの造語の原点とも言えるでしょう。

現在、ネット社会だから出現したネットビジネス。

ネットを活用したビジネスモデルを参考に新規事業を立ち上げる方。
現在、販売している商品のネット販売を考えている方。

しかしながら現実は、
5%…素晴らしい実績を持つネットビジネス経営者たち。
90%…自分の時間はできたけど、不安定な売上構造の経営者たち。
5%…最初の理想の売上とはかなり違いがある経営者たち。

「成功事例」の声はよく発信されますが、残念ながらその逆を発信する方はあまりいません。

もし、あなたがネットビジネスで残念な思いをしているならば、今一度原点に戻る事も必要かもしれません。

○訪問営業
いずれは、ネットで不特定多数のお客様が対象になるかもしれませんが、立ち上げ当初は、友人・知人なんでもOK。

まずは、訪問営業をして、お客様の反応を調査することが大切です。

訪問営業に行かない方の90%の理由は「どうせ、断られるから。。。」

しかし、直接売れないものが、ネットで売れるはずもありません。

お客様の生の声を知るために、訪問営業をお勧めします。

○質問営業
営業には販売営業も大切ですが、質問営業はどうでしょうか?

「社長、いつもお世話なっております」
「今日は何かあったのかい?」
「いやぁ、近くまできましたので、お寄りしました」
「ところで、社長!今お困りことありませんか?」
「そう言えば、・・・」

「お困りのこと」を引き出す質問営業です。

お客様は商品やサービスを購入する時、2種類のタイプに分かれます。

① 現商品の性能アップの新製品
② 現商品の問題解消の商品

新製品ではなく問題解決の商品を求めている場合もあるのです。

もし、その問題解決のための商品やサービスを提供できれば独占的なビジネスになる可能性があります。

○継続営業
今売れている商品は、売れていれば売れているほど寿命が短いものです。
まだ、売れていないけど需要があるものは、売れるまで時間がかかります。

ビジネスは継続することが大切です。

中小企業や個人事業主は、デジタルよりアナログ的な人間の感性が需要です。

直接会って、質問して、それを継続していくことを見直してみませんか?

Category お知らせ



ワークガイダンス講座

「人生の法則」3点セット


協会情報
協会名
郵便番号
住所



JMS
858-0923
長崎県佐世保市日野町1923-6
エムクラン日野301号

→ 詳しい地図はこちら